音響とビジュアルのパフォーマンス・コンサート

2011〜
マーカス・ポップ(オヴァル) :音響パフォーマンス

田中奈緒子 :ビジュアル・パフォーマンス

SW_000
SW_00
SW_03.3
SW_03.1
SW_03.2
SW_01
SW_02
SW_04
SW_03
SW_05
SW_08
SW_07
SW_06

エレクトロニックミュージシャン マーカス・ポップ(Oval)の妥協のないデジタル性は、

美術家/パフォーマンスアーティストの田中奈緒子によって形作られる繊細なの光と影のイメージと出会い、

無数のディテールに満ちた新しい有機的なアートの世界が生み出される。

 

2つの完全に異なる「最先端」の作業方法がこのライブコラボレーションで出会い、

そこではデジタル/アナログの役割が切り替わる。

一方で、Ovalの一貫したデジタル - 正確なハイテクミニチュア - は非常に感情的で生で演奏されているように表出し、

田中の一貫したアナログ- 光学トリックの詳細な操作 - は、どんな視覚的ソフトウェアよりも正確で、我々の知覚に錯覚を起こさせるようだ。

これまでの公演

 

02.05.2013 // Danae Festival, ミラノ、イタリア 

20.04.2012 // Palace, サンクト・ガレン、 スイス

28.04.2012 // Sophiensaele, ベルリン、ドイツ

20.12.2011 // HAU2, Berlin ("APPARAT"の前座アクト)、
ベルリン、ドイツ

10.09.2011 // "Paeanumnion" 
(MOUSE ON MARS & musikFabrik枠内 ゲスト出演),
ケルン・フィルハーモニー、ドイツ

15.08.2011 // Roter Salon/Volksbühne、
ベルリン、ドイツ

© 2020 Naoko Tanaka